産廃処理は破砕も運搬も必要|ガレキを綺麗除去

クレーン

ゴミの種類を見分ける

男性

産廃処理をするためには特殊な機械が必要になってきます。それは産業廃棄物が大量で特殊なものになると普通の処理では賄えなくなるからです。処理する際はルールを守る必要があります。

処理は社会的役目

工事現場

産廃にはいろんなものがあります。特に建築物などの解体をした後にはガレキが多く排出されますが、これは最も大きな産廃といっても良いでしょう。こういった大きな産廃は細かく砕き、処理しやすい形にすることが重要です。破砕すればその後は再びセメントの資材にすることもできますし、ただのゴミではなく資源にすることが可能になるのです。破砕のためには特別な機材が必要になります。それがクラッシャーなどの重機です。破砕を行なっていくためには丈夫で大きな機械が必要になってくるので、専門業者に産廃を破砕するのに適したクラッシャーやシュレッダーなどの重機を借りる必要があります。購入することもできますが、現場によっては必要のないものもあるので、専門の業者でない限りはやはりレンタルをして対応した方が効率的なのです。もちろん、頻繁に産廃処理をするような業者なら重機を購入しておいた方が良いです。

効率よく産廃処理をしていくためには専用の業者の力が必要になってきます。一般廃棄物や産業廃棄物の違いも素人にとってはあまり区別がつかないこともあるからです。専門の業者ならすぐに見分けがつきますし、そのゴミを処理するための正しいやり方も知っています。機械にかかってしまうコストをなるべく下げたい時も業者は相談にのってくれます。そうするとガレキ選別や産業廃棄物の処理も周囲に迷惑をかけることなく行えるので安心です。企業にとってはゴミをきちんと処理することが社会的な役割でもあります。

業者の違いを知っておく

作業員

産業廃棄物を処理する業者と一般廃棄物を処理する業者は許可を取る方法から異なっています。もし産業廃棄物ではない粗大ゴミをさいたま市で処分するなら予約をとっておいた方が慌てずに安心です。

機械を有効活用

作業員

産業廃棄物を処理すればそれを元に新しく資材が作られることになるのでリサイクルにも役立ちます。そのためにはガレキ選別をしなければなりませんが、振動ふるい機やロボットなどがガレキの選り分けに活用できます。