産廃処理は破砕も運搬も必要|ガレキを綺麗除去

工場

機械を有効活用

作業員

産業廃棄物には小さなものや液体、そして破片が大きなものまでがあります。これらのゴミを処理するには大変な労力を要しますので、全ての作業を人間に任せるわけにはいかないのです。人間がコンクリート片などのガレキ選別をするとなると小さな破片なら手作業やスコップ、リヤカーなどで運ぶことができますが、大きなものとなると簡単にはいきません。大きなガレキを人間の手で運ぶとなるとそれを掴んでいる手を離してしまうと怪我にもつながりかねません。また、そのようなガレキ選別は非効率的です。そのため産廃処理をする際はガレキ選別のために機械や重機を導入するのです。まずはガレキ選別をしてガレキを有効活用するには運ばなければいけません。砂利や土砂を運ぶためにはベルトコンベアーが活躍します。

産業廃棄物を処理するための重機としてはベルトコンベアーや振動ふるい機などがあります。ベルトコンベアーは人間の手では運びにくい重いものを遠くまで運ぶのに役立ちます。その運んだ先ではふるい機がガレキ選別をしていくのです。ガレキには大小様々な大きさがあり、大きすぎれば砕く必要性が生じてきます。ふるい機の原理としてはお菓子作りや料理に使うようなフルイのように金網をふるうことでガレキの大きさをより分けられるといったものです。最近ではフィンランドでガレキ選別のためにロボットが使われるなど、産業廃棄物のために多くの機械が生み出されています。そういった重機を活用して安全にガレキ選別ができます。