産廃処理は破砕も運搬も必要|ガレキを綺麗除去

工場

ゴミの種類を見分ける

男性

産廃処理をするためには道具が必要です。適材適所に道具が作られているのですが、産廃は大きなものから細かな土砂までいろいろあるので、特殊な機械を使って処理をする必要があります。なぜ特殊な機械が必要になるのかというと、一般のごみ処理と産廃処理ではまったく性質が違ってくるからです。産業廃棄物と一般のゴミではいったい何が違うのか分からないという人もいますので、一般の廃棄物と間違って処理をしてしまう人も多いです。しかしそれを行なってしまわないように違いについては知っておいた方が良いです。事業活動を通じて排出されてしまったゴミのことを全般的に産業廃棄物といいますが、特に紙くずや金属くず、廃油や燃え殻は適切に処理するために産廃処理施設が設けられています。

企業の活動によって生み出されたゴミは中々一般の処理場では処理しきれない性質のものが多いです。特定の業種限定で紙くずや木くずは産業廃棄物になってしまいます。通常の自宅で出た分やサービス業、運送業では紙くずなどが排出されるのは少量なので産廃処理する必要はありません。しかし、パルプ製造業や紙製品を加工して生産しているような業者が排出する紙くずは産廃処理の対象となるのです。また、それ以外でも業者限定をせずに産廃処理をすべきものも存在しています。どんな業者でも、学校でも個人でも、廃油や汚泥を排出してしまった際は産廃処理業者にきちんと頼んで処理すべきなのです。加えて飲食店が排出するようなポリ容器も業種を限定しない産業廃棄物となります。